SPS-8TF(圧力スイッチ)

開閉差圧(ONとOFFの差)がSPS-8Tの1/2となります。
さらに、小さな開閉圧力差を必要な場合SPS-8TF1を用意しております。
応圧部(接液部)取りつけは、ネジ込型の他、VCR継手、ヘル-ル継手も用意しております。
耐圧も、使用目的に合わせ、0.5・2.0・3.0MPa(5・20・30kg/cm²)があります。

圧力スイッチ SPS-8TF 接液部 亜鉛合金ダイカスト
亜鉛合金ダイカスト
圧力スイッチ SPS-8TF 接液部 亜鉛合金ダイカスト
ステンレス
圧力スイッチ SPS-8TF 接液部 ステンレス VCR継手
VCR継手
圧力スイッチ SPS-8TF 接液部 ステンレス ヘルール継手
ヘル-ル継手

見たい方向の矢印にマウスを合せてください

電気容量
AC 250V 5A DC 100V 1A
AC 125V 10A DC 24V 5A
SPS-8TFの外形図
主要材質
受圧部
(接液部)
亜鉛合金ダイカスト
ステンレス
真鍮
受圧素子
(接液部)
多段ベロ-ズ
(ステンレス、リン青銅)
カバー ポリカ-ボネ-ト
スイッチボディ フェノ-ル樹脂成形品
接点 銀、金メッキ(3μ)
スプリング ステンレス
流体 空気、ガス、油、水、他
腐食性液体、ガス等の流体には耐蝕性ステンレス受圧部(接液部)を用意しております
接点構成、結線方法
SPS-8TFの結線図
結線方法
●端子①(赤)と②(青)
 圧力上昇にてOFF
 圧力下降 にてON
結線方法
●端子①(赤)と③(黒)
 圧力上昇にてON
 圧力下降 にてOFF
標準仕様 単位: MPa (kg/cm²) ※ステンレス仕様の場合はお問い合わせください。
  下限調整範囲(圧力レンジ) 開閉圧力差 許容公差 耐圧力 標準設定
A 0~0.07 (0~0.7) 0.007~0.016 (0.07~0.16) ±0.005 (±0.05) 0.5 (5) 0.03-0.04 (0.3-0.4)
B 0.06~0.24 (0.6~2.4) 0.01~0.04 (0.1~0.4) ±0.01 (±0.1) 0.5 (5) 0.14-0.16 (1.4-1.6)
C 0.05~0.30 (0.5~3.0) 0.015~0.03 (0.15~0.3) ±0.015 (±0.15) 0.5 (5) 0.20-0.22 (2.0-2.2)
D 0.18~0.7 (1.8~7.0) 0.03~0.06 (0.3~0.6) ±0.015 (±0.15) 2.0 (20) 0.44-0.48 (4.4-4.8)
E 0.16~1.00 (1.6~10) 0.05~0.11 (0.5~1.1) ±0.02 (±0.2) 2.0 (20) 0.60-0.67 (6.0-6.7)
F 0.20~1.2 (2.0~12) 0.08~0.13 (0.8~1.3) ±0.02 (±0.2) 2.0 (20) 0.80-0.90 (8.0-9.0)
G 0.15~0.3 (1.5~3.0) 0.03~0.06 (0.3~0.6) ±0.02 (±0.2) 3.0 (30) 0.22-0.27 (2.24-2.7)
H 0.2~0.5 (2.0~5.0) 0.04~0.09 (0.4~0.90) ±0.02 (±0.2) 3.0 (30) 0.35-0.42 (3.5-4.2)
I 0.30~0.90 (3.0~9.0) 0.07~0.12 (0.7~1.2) ±0.02 (±0.2) 3.0 (30) 0.60-0.70 (6.0-7.0)
J 0.50~1.3 (5.0~13) 0.06~0.18 (0.6~1.8) ±0.02 (±0.2) 3.0 (30) 0.90-1.0 (9.0-10)

圧力設定は、原則として工場設定となっております、ご注文の際は動作圧力値 (ON、OFF)及び接続口径をご指示ください。
上記、標準仕様以外の設定も数多くありますので、お問い合わせください。

標準仕様の見方

ON:0.2MPa OFF:0.22MPaの場合、開閉圧力差は0.22-0.20=0.02MPaとなります。
下限調整範囲の下限とは0.2MPaを言います、よって「C」ブロックとなります。

接続絞り金具

流体に衝撃圧や脈動等の動圧が作用する場合には、接続絞り金具を用意しております。

L金具

取り付けに便利なL金具を用意しております。

PDFカタログ