SPS-16R(圧力スイッチ)

耐圧4.5MPa(45Kg/cm²)で、設定圧力0.20MPa~3.0MPa(2.0~30Kg/cm²)という低圧から高圧まで設定可能です。
接点の切換えは、両切型接点を備えた圧力スイッチです。
高頻度の開閉及び高負荷の使用に耐えるように、開閉機構は、開路速断動作により開路の瞬間まで一定の接点接触圧を持続するようになっています。

圧力スイッチ SPS-16R 接液部 アルミ・亜鉛合金ダイカスト

見たい方向の矢印にマウスを合せてください

電気容量
AC 125V 750W
SPS-16Rの外形図
主要材質
受圧部
(接液部)
アルミダイカスト
亜鉛合金ダイカスト
受圧素子
(接液部)
高耐圧設計
ゴムダイヤフラム
カバ- ポリプロピレン
スイッチボディ フェノ-ル樹脂成形品
接点
スプリング ステンレス、ピアノ線
流体 空気、ガス、油、水、他
接点構成、結線方法
SPS-16Rの結線図
結線方法
●接点①と②には
 圧力上昇にてOFF
 圧力下降 にてON
標準仕様 単位: MPa (kg/cm²)
  圧力調整範囲(圧力レンジ) 開閉圧力差 耐圧力 標準設定
A 0.20~0.35 (2.0~3.5) 0.15 (1.5) 4.5 (45) 0.30-0.45 (3.0-4.5)
B 0.40~0.55 (4.0~5.5) 0.15~0.20 (1.5~2.0) 4.5 (45) 0.45-0.60 (4.5-6.0)
C 1.6~2.6 (16~26) 0.4 (4) 4.5 (45) 1.8-2.2 (18-22)

圧力設定は、原則として工場設定となっております、ご注文の際は動作圧力値 (ON、OFF)及び接続口径をご指示ください。
上記、標準仕様以外の設定も数多くありますので、お問い合わせください。

標準仕様の見方

ON:2.0MPa OFF:2.4MPaの場合、開閉圧力差は2.4-2.0=0.4MPaとなります。
下限調整範囲の下限とは2.0MPaを言います、よって「C」ブロックとなります。

接続絞り金具

流体に衝撃圧や脈動等の動圧が作用する場合には、接続絞り金具を用意しております。

L金具

取り付けに便利なL金具を用意しております。

PDFカタログ