三和電機製作所/TOP会社案内 /製品案内(圧力スイッチ真空スイッチ)/設備紹介オプション部品取扱説明問合せ案内図アプリケーション集


SVS-1F

微差圧(ONとOFFとの差)設定に最適な真空スイッチです。

差圧2.7〜6.0kPa(20〜45mmHg)となっています。


真空スイッチ SVS-1F  接液部 ステンレス
見たい方向の矢印にマウスを合せてください
電気容量
AC 250V 2.5A DC 100V 0.5A
AC 125V 5A DC 24V 2.5A
SVS-1Fの外形図
主要材質 接点構成、結線方法
受圧部
(接液部)
ステンレス
真鍮
SVS-1Fの結線図
受圧素子
(接液部)
多段ベロ−ズ
(ステンレス、リン青銅
カバ− ポリカ−ボネ−ト
スイッチボディ フェノ−ル樹脂成形品
接点 銀、金メッキ(3μ)
スプリング ステンレス
流体 空気、ガス、油、水、他
腐食性液体、ガス等の流体には、耐蝕性ステンレス受圧部(接液部)を用意しております
結線方法
●端子 弊屐砲鉢◆弊帖
 真空度高くなってON
 真空度低くなってOFF
結線方法
●端子 弊屐砲鉢(黒)
  真空度高くなってOFF
  真空度低くなってON
標準仕様  単位:kPa (mmHg)
A B C
下限調整範囲
(圧力レンジ)
0〜-25 (0〜-186) -20〜-53 (-150〜-400) -41〜-74 (-310〜-560)
開閉圧力差 2.7〜6.0 (20〜45) 2.7〜6.0 (20〜45) 2.7〜6.0 (20〜45)
許容公差 ±1.3 (±10) ±1.3 (±10) ±1.3 (±10)
耐圧力 300 (3kg/cm2) 300 (3kg/cm2) 300 (3kg/cm2)
標準設定 -13 − -16 (-98 − -120) -35 − -38 (-263 − -286) -60 − -63 (-451 − -474)
D E
下限調整範囲
(圧力レンジ)
-73〜-90 (-547〜-680) -85〜-100 (-642〜-750)
開閉圧力差 2.7〜6.0 (20〜45 2.7〜6.0 (20〜45)
許容公差 ±1.3 (±10)) ±1.3 (±10)
耐圧力 300 (3kg/cm2) 300 (3kg/cm2)
標準設定 -80 − -83 (-602 − -624) -90 − -93 (-677 − -700)


圧力設定は、原則として工場設定となっております、ご注文の際は動作真空度(ON、OFF)及び接続口径をご指示ください。
上記、標準仕様以外の設定も数多くありますので、お問い合わせください。

大気圧の変動と到達最高真空度の詳細説明へ-96kpa(-720mmHg)から-100kPa(-750mmHg)での調整は、大気圧の変動にご注意ください。
換算式  kPa=mmHg×0.133 ・ mmHg=kPa÷0.133

標準仕様の見方・・ON -40kPa OFF-43kPaの場合、開閉圧力差は43−40=3kPaとなります。
            下限調整範囲の下限とは-40kPaを言います、よって「B」ブロックとなります。

L金具・・・・・・・・・・取り付けに便利なL金具を用意しております。

PDFカタログ

真空スイッチシリ−ズ  SVS-1/SVS-5/SVS-6/SVS-7/SVS-18/可調整VD